クリエイティブな発想を生み出す力

 

太陽光発電を使ったビジネス

12月 27th, 2014

環境が重視されるようになり、さまざまな分野において環境にやさしい商品やサービスが注目されています。たとえば、クリーンエネルギーとして最近は二酸化炭素を排出しないエネルギーが利用されるようになり、新たなエネルギーの活用が行われています。

クリーンエネルギーとして太陽エネルギーを活用する太陽光発電は、安心で安全なエネルギーがつくれる方法として人気があります。このようなエネルギーは、今後、環境によい方法として広く利用されることが期待されています。

太陽光発電は、一般家庭なら住宅の屋上に設置することで、家庭用の電力が賄えるようになります。この場合、日中使用する電力が蓄えられるので電気代が安くなるといったことが特徴です。夜間も使いたいときは蓄電装置を使う必要があります。このように太陽光発電は、家庭用の電力をつくることができますが、販売用の電力をつくるような発電はできないとされています。

太陽光発電ではビジネスとして活用する人もいます。広い空地の野立てで太陽光発電を設置する方法は、産業用として効果のあるもので、エコライフでは、太陽光発電で野立てを行なうビジネをサポートしています。こちらからは、野立て太陽光発電について詳しく紹介しています。

補助金支給で設置しやすいソーラーパネル

9月 9th, 2013

環境にやさしいものへの関心が高まる中においてさまざまな場所では環境に配慮した取り組みや商品の開発がすすんでいます。最近は、このような環境に配慮した製品などを選んで買うという人が多くなっています。

また、このようなことは、エネルギーにおいても見らえるようになり、従来のエネルギーとして活用されてきた石炭や石油に代わって太陽光や風力発電などのクリーンエネルギーが注目されています。

特に太陽光発電は、活用しやすいことから、住宅の屋根にソーラーパネルを設置して家庭用発電として活用する人が増えています。このような場合、昼間に使う電力が作れるので、電気代がかからなくなることが特徴です。

家庭用のソーラーパネルなら、太陽光発電の設置にかかる工事費用において補助金が給付されるため、1KW当たり41万円までや51万円までといった2段階で支給されます。そのことから、住宅に設置するソーラーパネルの場合、これらの金額内で工事を行なうことが多くなります。

このように工事費用については、1KW当たり40万円や50万円といった工事を行なうということが多くなっています。このようにソーラーパネルでは、補助金が活用できる範囲で設置するという人が増えています。